毛抜きで処理の落とし穴

banner 毛抜きでの脱毛は、カミソリと比べて次生えてくる毛を遅らせたりすることができるので、好んでやっている人も多いようです。根こそぎ抜けるような感触もありますし、1本1本処理をするので、処理をした感触がありますね。でも、毛抜きで脱毛するとどうしても痛みや毛穴がポツポツになったりと、後々のトラブルが多いようです。毛穴に菌が入ってしまったり皮膚の下で毛が伸びてしまって、その毛をまた毛抜きでどうにかして抜いてみたりと、常に脱毛を必要とするような場所を毛抜きで行うことは、どう考えてもデメリットばかりです。
 例えば、滅多に生えてこない場所に、たまに1本だけ生えてくる毛を抜くなどの場合は手軽ですし、利用するのもアリだと思います。
でも、そういうことはそうそうあることではないので、やはり毛抜きでの自己処理は行うべきではないですね。肌のポツポツから、抵抗力が低いときに行うと、色素沈着を起こすこともあるそうです。もし、どうしても行う場合は、まずは蒸しタオルなどで毛穴を開くようにし、清潔な毛抜きで抜き、肌に負担が掛からないように毛を短くカットして行うようにして下さい。毛抜き終了後も、保湿して肌をいたわりましょう。アフターケアを怠ると、ポツポツ肌になりやすいそうです。

注目コンテンツ

毛抜きで処理の落とし穴

記事をみる

脱毛器具で脱毛する

記事をみる

脱毛サロンのメリット@ 自分で処理するのは案外難しい

記事をみる

Copyright(c) 札幌の脱毛サロンってどうなの?. All Rights Reserved.